ページトップへ
2018.3.8

ディセンシアの美白ライン・サエルでストレスフリーなスキンケア

by

2017年12月7日、グランドハイアット東京 2階 コリアンダーにて、DECENCIA(ディセンシア)の新商品発表会が開催されました。

ディセンシア サエル新商品のイメージビジュアル

テーマカラーのブルーが上品です

今回発表されるのは、美白ラインであるsaeru(サエル)シリーズの新作4点。すっきりしたフォルムとブルーのカラーが目を引きます。

ディセンシア サエル ホワイトニングクリームコンセントレート、補遺とニングエッセンスコンセントレート、ホワイトニングローションコンセントレート、ホワイトCCクリームコンセントレート

左から:
ディセンシア サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート(敏感肌用クリーム・医薬部外品)30g ¥5,500(税抜)
ディセンシア サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート(敏感肌用美容液・医薬部外品)36mL ¥7,500(税抜)
ディセンシア サエル ホワイトニング ローション コンセントレート(敏感肌用化粧液・医薬部外品)125mL ¥5,000(税抜)
ディセンシア サエル ホワイトCCクリーム コンセントレート(敏感肌用日中用クリーム・化粧下地)SPF50+ PA++++ 25g ¥4,500(税抜)すべて2018年3月26日発売

化粧水やクリームに並んで、CCクリームがありますね! 敏感肌用の化粧下地は珍しいので、とっても楽しみです。
テーブルには、白い肌を思わせるココナッツのベースにブルーのソースがかかった素敵なスイーツが用意されていました。

ディセンシア サエル新商品発表会で出たウェルカムスイーツ

美しいウェルカムスイーツ

まずは、取締役・クリエイティブディレクターの山下慶子氏が登壇され、ブランドが考える「敏感肌とストレス」の関係について話してくださいました。ストレスを「ケアする」という今までの考え方を進化させ、ストレスを「マネージする」という攻めの姿勢で美白を目指します。

私自身が敏感肌なので、ついつい「刺激が少ないこと」だけを重視してアイテム選びをしてしまうため、敏感肌でも美白を追求していける! という話には勇気付けられました。

ディセンシア サエル クリエイティブディレクター山下さん

取締役・クリエイティブディレクターの山下慶子氏

続いて、マーケティング部の浅利晴奈部長から商品の紹介がありました。

ディセンシア サエルマーケティング部 浅利部長

マーケティング部の浅利晴奈部長

浅利晴奈さん:
今回、DECENCIAでは、ストレスによってシミができるという問題に注目しました。

ディセンシア サエル発表会スライド画像1

浅利晴奈さん:
ストレスによってシミができることを自覚している人は少ないですが、シミは紫外線や摩擦などの外部刺激だけではなく、実はストレスも原因に。

ストレスによってシミができる理由の一つに、「活性酸素」があります。

精神的なストレスによって活性酸素が発生している場合、シミの元となるメラニンの生成量が、活性酸素が派生していない場合の1.3倍にもなるんです。

ディセンシア サエル発表会スライド画像2

浅利晴奈さん:
そして、もう一つの原因が、皮膚温の低下です。
ストレスや睡眠不足によって血の巡りが悪くなり、皮膚の温度が低くなると、健康な角層を生み出すために大切な存在である「タイトジャンクション」がうまく働くなり、肌のバリア機能が低下します。

ディセンシア サエル発表会スライド画像3

浅利晴奈さん:
そこでDECENCIAは、ストレスによるダメージを内側からケアするために、オリジナルの複合成分を開発しました。

ポーラ研究所オリジナル成分であるジンセンXは、皮膚の温度を上げる成分です。抗酸化や保湿の作用があるパルマリンはタイトジャンクションを活性化させることで肌のバリア機能低下を防ぎます。ムラサキシキブエキスは、ストレスによって発生する活性酸素を、なんと70%も分解することができる成分です。これらの成分は、今回発表するサエルシリーズの4品全てに配合しています。
さらに、シミケアとしてメラニンを作らせないための成分と、できてしまったメラニンを黒くしない成分の両方も配合。

ディセンシア サエル発表会スライド画像

浅利晴奈さん:

また、サエルの新作は、シミばかりではなく肌のくすみにもアプローチします。青ぐすみ・黄ぐすみ・赤ぐすみにそれぞれ対応する成分配合で肌の透明感をアップさせます。
敏感肌のバリア機能をケアしながら、ストレスによって生じる肌の状態をマネジメントするサエルの新商品群は、肌全域に徹底対応するホワイトニング商品なのです。

ディセンシア サエル発表会スライド画像

各方位から敏感肌に徹底対応して美白を目指すサエルシリーズ、気になりすぎますよね! 早速試してみました。

まずは一番気になっていたCCクリームから。

ディセンシア サエル ホワイトCCクリーム コンセントレート

伸びがよく、肌にぴたっと密着するホワイトCCクリーム コンセントレート

手で試してみると

ディセンシア サエル ホワイトCCクリーム コンセントレートを手で試した画像

手に伸ばした瞬間は「赤めかな?」と思いましたが、肌になじむと自然に明るさをプラスしてくれて、血色も良く見えました。テクスチャーはスルスルっと伸びる感じで、数秒でピタッと馴染みます。朝の忙しい時に化粧下地がさっと馴染むのはありがたい!

使用感は軽く、肌の奥は潤っているのに、何かを塗っている感じがありません。色むらやくすみはしっかり飛ばしてくれるので、肌を休めたい日のメイクなら、このクリームとパウダーだけでベースを完成させても良さそうです。

次は、サラサラ系の化粧水。

ディセンシア サエル ホワイトニング ローション コンセントレート

バシャバシャと使いたくなるテクスチャーが魅力的なサエル ホワイトニング ローション コンセントレート

手で試してみると

ディセンシア サエル ホワイトニング ローション コンセントレートを手で試した画像

満たす」というフェーズに位置づけられているだけあって、ぐんぐん奥にしみこむようなさらさら感。ベタつきが全くないので、肌に乗せていると気持ちがいい。たっぷり使いたくなる化粧水です。

美容液も、ベタつかないなめらかな肌触り。

ディセンシア サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート

香りが心地よいサエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート

手で試してみると

ディセンシア

ワンプッシュで適量が出るのが、地味に嬉しい。多すぎても少なすぎても、ストレスになるんですよね。ハーブのような不思議な香りも!深呼吸しながらスキンケアしたらリラックスできそうです。

そして仕上げのクリーム。少量でもしっかりモチモチになりました!

ディセンシア サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート

ベタつきが気にならないサエル ホワイトニング クリーム コンセントレート

手で試してみると

ディセンシア サエル ホワイトニング クリーム コンセントレートを手で試した画像

化粧水や美容液より油分が多めなはずのクリームなのに、なめらかなテクスチャーなのには驚きました。春夏はべたつくからとクリームを使わなくなる人も、この塗り心地なら気にいるのではないでしょうか?

実際に試してみて、これはリラックスできるなぁ・・・と感じました。深い森のような香りや、なめらかでベタつかないのにしっかり潤う質感、ワンプッシュで適量が出るスタイリッシュな容器設計。どれも、ストレスへ着目して作られた商品だけあって、癒し効果も抜群。
肌の調子が崩れやすい春先や、日差しが気になる夏に、DECENCIAのsaeruシリーズで快適にスキンケアしてみるのはいかがでしょうか。

問い合わせ先/ディセンシア 0120-714-115
Brand/DECENCIA
Place/ GRAND HYATT TOKYO
Date/2017.12.7

(文:岡田麻沙)

 

(取材・制作:株式会社フォークラス

    Recommended by
    tokila読者プレゼント・読者参加企画 (一覧はこちら)
     シェアしよう!
    最新の美容情報満載!会員登録で読者企画参加・豪華プレゼント!
    tokila編集部
    人生に、ときめきとキラメキを。ファッション&ビューティ情報を発信するwebメディア。発表会情報も満載!
    関連情報をチェック!
    SEARCH
    • ニュース
    • 発表会・展示会レポ
    • やってみた
    • いってみた
    • ノウハウ
    JOIN US!
    tokilaメンバーにご登録ください!
    ビューティ、ファッションなどの読者企画や、旬のイベント、豪華プレゼントへの応募ができます!
    tokila会員向けプレゼント 女性・美容向けレンタルセミナー・イベントルーム・トキラルーム
    アクセスランキング
    ニュース
    発表会・展示会レポ
    やってみた
    いってみた
    ノウハウ
    今日
    週間
    2週間
    月間
    メニューを閉じる
    SEARCH
  • ニュース
  • 発表会・展示会レポ
  • やってみた
  • いってみた
  • ノウハウ
  • スナップ
  • 読者プレゼント・参加企画
  • インタビュー
  • ビューティ
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • else
  • メニューを閉じる