ページトップへ
2017.7.31

2017秋新色◆RMKがファッションとの化学反応で未来の扉を開く

by

6月7日、表参道ヒルズ スペースオーにて、RMK AUTUMN – WINTER 2017 COLLETIONが開催されました。


rmk2017aw 商品ディスプレイ1

RMK 2017AW COLLECTION

20周年を迎えたRMKがこの秋チャレンジしたのは"ファッションとの化学反応"。そこで、パートナーとして選んだのが、ファッションデザイナーのTARO HORIUCHI氏です。

ちなみに、今回のテーマは「FFFuture(Fast Forward Future)」。では、さっそく未来の扉を開いてみましょう‼


rmk2017aw 会場ステージ空と雲の映像

扉を開いて入っていった今回の会場は、なんと360度どこからでも見ることができるステージを設置。
音楽が流れ、モデルさんがランウェイに登場して、ファッションショーさながらの雰囲気で、ショーがスタートします。


rmk2017aw ファッションショー1
rmk2017aw ファッションショー2
rmk2017aw ファッションショー3

続いて、クリエイティブディレクターのKaoriさんが登場。


rmk2017aw kaoriさんの登場

Kaoriさん:
RMKはクローゼットをコンセプトの1つにしてやってきました。クローゼットとは、ファッションともとてもつながりが深い。そこで、20周年の節目として今秋は、ファッションデザイナーとコラボレーションしてみようと考えました。

日本のファッション業界の方は、黒の世界を表現している人が多い中、TAROさんは白の世界を大切にする人。RMKも白を大切にしているので、リンクしていると感じました。

rmk2017aw kaoriさんがお話ししている様子

Kaoriさん:
TAROさんに、アイシャドウのカラーを依頼したところ、メイクの世界では白をテーマにしているブランドはない。だから、白をキーワードにチャレンジしたいと言われました。
そのため、アイシャドウはすべて白を基調に作られています。メイクの世界で、これはかなり画期的なことです。

また、パッケージもTAROさんに考えてもらいました。私が住んでいるマンハッタンや、自宅から見える空とエンパイア・ステートビル、そしてTAROさんの好きな雲をモチーフにしています。そして、雲の色がシルバーに変わる時間があるので、それもアイシャドウのパッケージに入れ込みました。まさに2人の世界観が融合されたことで誕生したラインアップとなっています。


メイクが好きな方、ファッションが好きな方、分けることなくすべてを楽しむことで、未来が開ける。未来が楽しくなると思います。ぜひ、みなさんもファッションとの化学反応を楽しんでみてください。


rmk2017aw ディスプレイ2

Kaoriさんの自宅から見えるというエンパイア・ステートビルをアイテムで表現

そして、こちらがファッションとの化学反応によって生まれた商品たち。確かに白がキーカラーとして入っています。それ以外にもたくさんの色が使われいて、見ているだけでワクワクします。

rmk2017aw 全商品ラインアップ色見本編

では、個々に紹介していきます。

まず見逃せないのは、パッケージ。ここにもこだわりがたくさん詰め込まれています。先ほどKaoriさんが言われていたように商品が入っている箱には、空や雲が描かれています。アイシャドウ本体のパッケージもスタイリッシュ。 rmk2017aw フューチャーアイシャドウパレットのパッケージと箱

チップは、後ろに磁石の力でついています。

rmk2017aw フューチャーアイシャドウパレットのチップが付いている部分

RMKらしい、おしゃれで、かつ遊び心にあふれたパッケージ。このパッケージを見ただけで、欲しくなってしまうのは私だけではないはず。
気になるカラーバリエはこちら。


rmk2017aw フューチャーアイシャドウパレット チップ付色見本

フューチャーアイシャドウパレット チップ付 全5種 各¥4,000(税抜)2017年8月11日発売 ※数量限定発売
上から:
Na コットンホワイト、
Mo ニットホワイト、
Ar レザーホワイト、
Fu シルクサテンホワイト、
Re ベルベットホワイト

コットンやニット、レザー、シルクなどの服の生地からヒントを得たカラーたち。白を基調にしているTARO HORIUCHI氏の世界観をパレットで表現したとの事。今までにない新しいアイメイクが楽しめそうです。

単色のアイシャドウもあり。

rmk2017aw フューチャーアイズ 全2色

フューチャーアイズ 全2色 各¥3,000(税抜)2017年8月11日発売 ※数量限定発売
手前左から:
TH-01 アイロンゴールド、
TH-02 シンギングツリーズ

こちらは、単品使いもいいですが、アイシャドウの仕上げなどポイント的に入れるなど、使い方も色々。まぶたにスッと溶け込むようになじみ、モード感ある目元が作れます。

そして、フューチャーアイシャドウパレット同様、パッケージにこだわりが詰まったチークも登場。

rmk2017aw フューチャーチークス 全2色

フューチャーチークス チップ付 全2種 各¥3,500(税抜)2017年8月11日発売 ※数量限定発売
左から:
TH-01 ローズストーン、
TH-02 レッドブリック

rmk2017aw フューチャーチークス 磁石でついているブラシ部分

左:フューチャーチークス TH-01 ローズストーン、右:ブラシが付いている裏面

チークブラシはアイシャドウと同じく後ろに磁石でついています。パレットは質感の違う2つがセットになっているので、ツヤ感のあるクリーミィタイプをつけた後、パウダーを纏わせれば何とも言えないセクシーな大人の表情に。

続いては、アイシャドウにもチークにも使えるスティックです。

rmk2017aw フューチャーチークスティック全3色

フューチャーチークスティック 全3色 各¥2,800(税抜)2017年8月11日発売 ※数量限定発売
左から:
TH-01 ベビーゴールド、
TH-02 フューチャーレッド、
TH-03 ブルーホワイト

マルチに使えるので、チークとしてはもちろん、ハイライトやコントロールカラー、アイシャドウなどその日の気分で使い分けしてみるのもいいかもしれません。

そしてこちらは、タイプの違うリップ2種。

rmk2017aw フューチャーリップス全3色とイレジスティブルグローリップス全2色

手前:フューチャーリップス 全3色 各¥3,000(税抜)
左から:
TH-01 ベージュ、
TH-02 オレンジ、
TH-03 ローズ

奥:イレジスティブル グローリップス 新色2色 各¥3,000(税抜)ともに2017年8月11日発売 ※数量限定発売
左から:
TH-01 フェミニンベージュ、
TH-02 ベビースカイ

個人的にフューチャーリップスが気になったので手で試してみました。

rmk2017aw フューチャーリップス全3色とイレジスティブルグローリップス全2色

左:フューチャーリップス(TH-01、02、03)、右:手で試したも(TH-01、02、03)

どれも、シアーなのに程よいツヤもあるのでオンにもオフにも使えそう。今年の秋はボルドー系が気になるので、一番右のローズが欲しい!秋のファッションとマッチしそうです。

人気のグロスにも新色が仲間入り。

rmk2017aw リップジェリーグロス ワンダーブルーとカラーリップグロス シマーベージュ

左:カラーリップグロス 新色1色(TH-01 シマーベージュ)¥2,200(税抜)、リップジェリーグロス 新色1色(TH-01 ワンダーブルー)¥2,200(税抜)2017年8月11日発売 ※数量限定発売

そのほか、リクイドアイライナーも新たに3色、そして、パキッとした鮮やかなカラーが目を引くネイルもあります。 rmk2017aw インジー二アス リクイドアイライナーEX3色

インジーニアス リクイドアイライナー EX 新色3色 各¥2,800(税抜)2017年8月11日発売 ※数量限定発売
左から:
TH-01 ネイビー、
TH-02 メタリックミント、
TH-03 シルバー

rmk2017aw ネイルポリッシュ全5色カラー見本

ネイルポリッシュ 新色5色 各¥1,500(税抜)2017年8月11日発売 ※数量限定発売
左から:
TH-01 ベージュ、
TH-02 グレー、
TH-03 オレンジ、
TH-04 ネイビー、
TH-05 グリーン

RMKがファッションブランドとコラボしたのは初とのこと。なんだか意外な感じもしましたが、20周年の節目に満を持してコラボしただけあって、見ごたえ、使いごたえのある充実の内容となっていました。
そして、Kaoriさんが最後に言われてた「もう未来は始まっています」という言葉が、心に響きました。そうですね、私たちの未来はすでに始まっています。ウカウカしてはいられません。私も未来に向けて、メイクもファッションも、思いっきり楽しんでみようと思います。

問い合わせ/RMK Division 0120-988-271

Brand/RMK
Place/SPACE-O
Date/2017.6.7

    Recommended by
    tokila読者プレゼント・読者参加企画 (一覧はこちら)
     シェアしよう!
    最新の美容情報満載!会員登録で読者企画参加・豪華プレゼント!
    佐治 真澄
    複数の化粧品会社の広報を経験。その際に得た美容に関する知識を元にライターとして活動を開始。単に高価な化粧品だけではなく、コストに見合った効果を実感できる商品や、プチプラコスメ、地元密着コスメなどを日々探求。それらの商品を、自分の肌で試しているときが一番幸せを感じる自称コスメマニア。
    関連情報をチェック!
    SEARCH
    • ニュース
    • 発表会・展示会レポ
    • やってみた
    • いってみた
    • ノウハウ
    JOIN US!
    tokilaメンバーにご登録ください!
    ビューティ、ファッションなどの読者企画や、旬のイベント、豪華プレゼントへの応募ができます!
    tokila会員向けプレゼント 女性・美容向けレンタルセミナー・イベントルーム・トキラルーム
    アクセスランキング
    ニュース
    発表会・展示会レポ
    やってみた
    いってみた
    ノウハウ
    今日
    週間
    2週間
    月間
    メニューを閉じる
    SEARCH
  • ニュース
  • 発表会・展示会レポ
  • やってみた
  • いってみた
  • ノウハウ
  • スナップ
  • 読者プレゼント・参加企画
  • インタビュー
  • ビューティ
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • else
  • メニューを閉じる